地震の災害|地震は予想することができる!自然災害に備えておこう

地震で予想される災害とは?Q&Aも参考にしよう

地震の災害

グラフ

落下物

大きな地震が起こると、耐震性の低い建物の外壁やタイル、窓ガラスなどが落下する可能性があります。落下物が直撃すると、大怪我をしてしまうこともあるでしょう。屋外では、建物から離れるようにしましょう。

電話がつながらない

地震の影響で通信設備が被災することもあります。また、通話が集中するので、電話が繋がりにくい状況が生まれてしまうのです。インターネットも繋がりにくくなるでしょう。地震直後は通信を控えるのが無難です。

通行できない

基本的に地震が起こると、道路が通れなくなる可能性が高いでしょう。道路に建物や電柱などが倒れ込んでしまうからです。また、土砂崩れによる寸断も予想されます。さらに、車や人が道路に集中するので、渋滞を起こすでしょう。

インフラ設備への影響

ガスや水道、電気などのインフラ設備がダメージを受けるでしょう。ガスの停止や停電、断水などが起こるのです。大きな地震であれば、復旧するまでに時間が掛かってしまいます。日頃からの備えが大切です。

地震災害Q&A

耐震診断ってどこにお願いするの?

建築行政部局に依頼しましょう。住まいのある市区町村であれば、対応してくれるはずです。住宅の耐震性能を調べておくと、安心できるでしょう。

備蓄しておいた方が良いの?

災害に備えて備蓄しておいた方が安心だと言えるでしょう。水や保存の効く食べ物が理想的です。基本的に、普段からの備えが大切になります。

急いで逃げたほうが良いの?

避難の際はできるだけ速やかに安全な場所へ移動しましょう。ですが、慌てて走り回ると危険です。落ち着いて行動するようにしましょう。

家の中にいた方が良いの?

状況によって変わってくるでしょう。倒壊の恐れがなければ、住宅の中にいても構いません。心配であれば、最寄りの避難所に移動しましょう。

広告募集中