地震予想の精度は高まってきている!自然災害のランキングなども紹介

新着情報

いつ起こるか分からるように

これまで、自然災害がいつ起こるのか予想することは難しかったと言えるでしょう。しかし、近年では研究や技術の進歩によって、高い精度で予測することができるようになっているのです。まずは震度について見ていきましょう。それから自然災害の種類をランキングで紹介していきます。地震予想の精度についても勉強していきましょう。

震度について【5弱~】

震度5弱

ほとんどの方が、震度5弱で恐怖を感じることになるでしょう。食器や本なども落ちることがあります。家具なら固定していない場合、動いてしまうこともあるのです。

震度5強

震度5強になると、単独で歩くことは困難となります。何かにつかまっていなければ、動くことはできないでしょう。大型の家具も、固定されていない場合は倒れてしまうこともあるのです。

震度6弱

基本的に立つことはできなくなります。固定されていない家具の大半が揺れによって移動し、倒れることも多くなるでしょう。タイルや窓ガラスなどが破損し始める震度です。

震度6強

地面に這っていないと動くことはできません。耐震性が低い建物の場合は、倒壊することがあります。地割れや地すべりなどの災害が発生することもあるでしょう。

震度7

基本的に耐震性の低い建物は倒壊することが多くなります。耐震性の高い建物であっても傾くことがあるのです。被害は相当に大きくなるでしょう。多くの方がパニックに陥ります。

自然災害ランキング

no.1

地震

1位にランクインした自然災害が地震です。国内では最も頻度の多い自然災害と言えるでしょう。小さな地震から大きな地震まで、種類は様々です。世界と比較しても、地震の発生頻度は高いと言われています。

no.2

津波

津波は2位にランクインしています。地震の発生頻度が高いと、津波が発生する確率も高まってしまうのです。基本的に津波と地震はセットで考える必要があります。津波対策も忘れてはならないのです。

no.3

台風

3位には台風雨がランクインしています。基本的に夏から秋にかけて発生するでしょう。時期によっては警戒が必要です。豪雨や強風などの影響を大きく受けてしまうでしょう。停電も引き起こします。

no.4

土砂災害

土砂災害は4位にランクインです。豪雨の影響などで、地すべりなどを引き起こしてしまうのです。山に近い場所に住んでいる方は注意しておきましょう。また、地震や台風などの二次災害としても起こりえます。

no.5

豪雪

5位は豪雪です。地域によっては心配ないことも多いでしょう。ですが、最近では異常気象の影響で、意外な地域で豪雪が確認されています。インフラなどに大きな影響を与えてしまう自然災害です。

精度について

プレート

技術の進歩

近年、技術力の進歩と共に、地震予想の精度も高まってきています。最新技術を用いて観測しているのです。基本的に地震発生の1週間前には、前兆現象を観測できると言われています。地震による被害を最小限に抑えることができるでしょう。

複合観測とは

地震予想には複合観測が用いられます。複合観測とは様々な電波を観測することです。基本的に様々な電波を観測することによって、より予測の精度を高めることができます。確実な地震予想には必要不可欠な観測方法なのです。

広告募集中